ルノー4 パリジェンヌ

ルノー4パリジェンヌ
ルノー4 パリジェンヌ 1964年

車は、ファッションアイテム。

ルノー4(キャトル)は、1961年に登場したルノーの前輪駆動車。ハッチバイクスタイルの実用性が受けて、1992年まで製造されていた人気車である。最初は、当時実用的な車で人気だったシトロエン2CVの対抗馬として売り出された。

都会的なルノー4を、女性向けに。

シトロエン2CVはもともと農家で使える車として作られただけに素朴さが売り物であった。それに対して都会的というのがルノー4の売りであった。そんなルノー4の中で特筆すべきなのが、このルノー4パリジェンヌである。なんと言っても”パリジェンヌ”なのだから、これ以上都会的なものはないだろう。

このネーミングの通り、都会で女性に乗ってもらおうというのがルノーの戦略であった。それまでの車でも女性に訴求を行うことはあった。だがそれは、”女性でも簡単に運転できる車”という訴えであった。60年代のトヨタパブリカのCMに「ママがパパに代わって運転することがあります。」なんてメッセージがあったのを思い出す。だが、ルノー4パリジェンヌは、あくまで女性が乗る車として、都会的なパリジェンヌが運転する車としての訴求を行ったのである。

街を走るルノー4 パリジェンヌ
当時のモノクロ写真が雰囲気を伝えている。男性が運転している画もあるが、そこはご愛嬌だ。

女性誌とのキャンペーンが始まりだった。

1963年、女性誌のELLEとの共同企画で「彼女はハンドルを握る」というキャンペーンが行われた。これはルノー4を48時間貸し出すというもので、まずはハンドルを握ってもらおうというわけである。このキャンペーンに成功したルノーは同じ年の9月にルノー4パリジェンヌを発売する。

ELLEといえば今でも世界中で発行されている女性誌、しかもファッションを中心に女性の生き方を提案する雑誌だ。そんなELLEとコラボしたのであるから、ルノーの意気込みがわかる。車は男たちを喜ばせるアイテムではなく、女性をターゲットとしなければならないと考えたのだ。

ルノー4ストーリー
動画はルノー4全体の話だが、女性誌とのコラボ規格でパリジェンヌが登場したことを伝えている。

カワイイ車ではなく、ファッションアイテム。

通常のルノー4をベースにしているのだが、この車のコンセプトはまさにファッションであった。ボディカラーは黒や濃いワイン色、そこに籐カゴの模様やチェック柄が入る。

現代でも女性仕様と銘打った車は多いが、そのイメージはというとパステルカラーが多い。それは、女性に喜ばれるのはカワイイ車という鉄則があるからだ。女性の方も「この車カワイイ〜」が選択の条件であるので致し方ないが。

パリジャンヌのリア
リアのハッチバック全面に籐柄のデザインが。
パリジェンヌ側面
サイドにも籐柄のデザイン。旅行カバンのイメージ。

ところがルノー4パリジェンヌは違う。大人の女のイメージなのである。この当時の人々の女性の魅力の捉え方が現代とは異なっているからなのだろう。

「どこへでも乗って行ける旅行カバンのような車」がルノー4登場時のキャッチフレーズであったが、パリジェンヌは、これをそのままデザインしてしまった。しかも、雑誌ELLEとコラボすることにより、ファッションアイテムとしてしまったのである。今見てもこの車のオシャレ感は薄れていない。

実車のパリジェンヌ
ELLE誌と共同で企画、発売された実車の写真
レディングのマイク-イギリス、バークシャー, CC BY 2.0, via Wikimedia Commons】

ウーマンリブの直前に生まれた車だった。

ルノー4パリジェンヌは、少しずつ仕様に変更が加えられながら1968年まで販売され続けた。女性解放運動で知られるウーマンリブが世界を席巻したのは60年代終盤から70年代にかけてである。その直前にこの車がフランスで生まれたというのは興味深い話である。

男性の玩具であった車の世界に、女性のファッションアイテムとしての車を持ち込んだのだから、まさにウーマンリブの走りと捉えることができるかもしれない。家庭にあって夫を支え、子供を育てる妻、また母から、自分の人生を謳歌する女性へ。そのための道具であり、ファッションアイテムであるのがルノー4パリジェンヌだったのだ。