マツダ コスモスポーツ

マツダコスモスポーツ
マツダ コスモスポーツ 昭和42年(1967年)

ロータリーエンジンの宇宙船。

昭和42年(1967年)に登場した個性的なデザインのクーペ。どこか宇宙船のように見えるフォルムで、未来の車のイメージが伝わってくる。コスモという名前で知られているが、正しくはコスモスポーツである。

コスモスポーツ側面
真横から見たコスモスポーツ。この平べったさが宇宙船のように見える所以なのだろう。
後ろから見たコスモスポーツ
後ろから見る。ランプの真ん中をバンパーが突っ切っているデザイン。この見た目は、宇宙船というよりも空飛ぶ円盤である。

日本初のロータリーエンジン搭載車。

この車は、ロータリーエンジンを日本で初めて搭載したことでまさに未来的であった。小型で高出力、静かで振動も少ないロータリーエンジンは、これからの車にふさわしいエンジンとして大きな話題となった。発売当時のキャッチフレーズは、「走るというより、飛ぶ感じ」であった。

ロータリーエンジン搭載車は、マツダが最初に開発、販売したものではない。ドイツ(当時は西ドイツ)のNSUが1964年に発売したヴァンケルスパイダーという車が最初である。

ところが、その車はエンジントラブルが多く、クレームが続出。NSUもアウディに吸収合併されることになり、ロータリーエンジン車から撤退してしまった。しかしマツダは、ロータリーエンジンの持つ問題を克服し、コスモスポーツという実用に耐えうる車を世に送り出したのである。

コスモスポーツ発売時のCM
テストコースを走り抜ける姿を捉えている。訴求ポイントはやはりロータリーエンジン搭載であった。

高速時代を考慮した車であった。

コスモスポーツが生まれた頃は、日本に高速道路網が整備され始めた時代でもある。昭和40年(1965年)に名神高速道路が全線開通し、昭和43年(1968年)には東名高速道路が一部開通していた。同じ年、中央自動車道も八王子と相模湖の間が開通した。

それまでの車は多くが高速で走り続けることを考慮していなかった。高速で走ると騒音のため車内では話ができないとか、時速100キロを越すとハンドルが震えだすといった話をよく聞いたものだ。コスモスポーツにはそれがなかった。加速がよく、振動も騒音も少ないというロータリーエンジンの搭載は、まさに高速道路での走行を見据えたものだったのである。

コスモという名前の意味を考えると。

コスモとは、ラテン語で”宇宙”を意味する。この車に宇宙という名前をつけたのは何か意味があったのだろうか。

この時代、宇宙は未来のイメージそのものでもあった。月面着陸が1969年。翌年の大阪万博では、アメリカとソ連の宇宙開発に関する展示が人気を呼んだ。1966年に公開された映画「2001年宇宙の旅」では、宇宙ステーションが軌道上に浮かび、月面に基地があり、木星に人間を送るという21世紀が描かれていた。コスモスポーツの宇宙船を連想させるデザインは、この時代のこんな空気と無関係ではないだろう。

また、未来的で宇宙的なイメージの車がSF映画の劇用車として使われないはずはない。昭和46年(1971年)から放映された「帰ってきたウルトラマン」では、MAT(モンスターアタックチーム)の特捜車両マットビハイクルとして後期型コスモスポーツがチューンナップされ使われている。

帰ってきたウルトラマンで使われた
MAT隊員の郷秀樹が運転するMATビハイクル(コスモスポーツ)の勇姿。

コスモは可能性を見せてくれた。

60〜70年代に考えられていた宇宙開発の未来は、現実のものとはなっていない。同じようにマツダが描いていた車の未来も現実のものとはならなかった。日本国中に高速道路は整備されたが、今そこを走る車の多くは、ロータリーエンジンではなく通常のエンジンである。それどころか現在では、車は電気自動車に変わろうとさえしている。

いずれにしても、この未来を感じさせる車、コスモスポーツは、車の可能性を人々に見せてくれた。自動車先進国がものにできなかったロータリーエンジンを実用化し、宇宙船のような車に載せて披露してくれたのだ。

コスモの走りは絵になる
美しいスコットランドの景色の中を走るコスモスポーツ。MAZDA UKの動画である。

マツダでは、今、ロータリーエンジンを発電用としてEV車に搭載することを考えている。ロータリーエンジンの復活である。さらに将来に向けては、水素を燃料とするエンジンとしての研究、開発も行っているようだ。

少し先の未来に、コスモスポーツは今度は水素自動車として復活するかもしれない。