歴史人物年齢学

宮本武蔵 二十九歳

巌流島にて、佐々木小次郎と決闘。

身の丈六尺(約180cm)の大男。伸ばし放題の髪を、背中に垂らしている。ただ、輝く目の色だけが、異彩を放っていたと言う。作州浪人宮本武蔵である。武蔵は、今、一艘の小舟に乗って、島へ急いでいる。

小次郎との約束の時間は、もう過ぎていたが、武蔵はそんな遅れを気にも止めず、ただ、木の櫂を一心に削っていた。ほどなくして、舟は島についた。
「武蔵、臆したか、それとも策か。卑怯者め」
巌流佐々木小次郎は、武蔵を罵った。しかし、武蔵は何も答えなかった。いきり立つ小次郎は、自慢の長刀を抜き放った。それを見た武蔵、はじめて口を開く。
「小次郎、敗れたり。鞘を投げる者は、自らの命を投げたも同じなり!」
小次郎は、ますますいきり立った。しかし、この時点で小次郎は、武蔵に敗れていたのだろう。勝負は一瞬にして決まった。武蔵の手にした木の櫂が、小次郎の頭蓋を砕いたのである。

吉川英治『宮本武蔵』でも名高い巌流島の決闘。この時、武蔵二十九歳であった。

宮本武蔵( ? 〜1645)
播磨あるいは美作の生まれ。剣法家新免無二斎の子として生まれる。その著『五輪書』によれば、六十数回の真剣勝負で一度も負けたことがなかったと言う。

←前へ
→次へ
鷹